Posted on

子供が歩き始めたとき

甘い子供の最初の散歩。それは周囲のみんなに触れ、何度も何度もそれを聞きたい。しかし、すべての母親が、赤ちゃんが歩き始めなければならないとき、そして子供が歩かなければパニックになるかどうかを知るために、これらの愛撫する音の背後にあるものを知っているわけではありません。最初の音は、口頭と感情の両方の子供の発達の重要な段階です。

最初に、子供の歩行が何であるか、それをどのように決定するか、子供が歩き始めたときと、歩行を他の種類のオノマトペと区別する方法を決定します。異なる言語グループに属する子供たちが同じ音で話し始めるのは興味深いことです。ハミングとしてのこの種の発話活動は、ハトの歩行との類似性のためにそう呼ばれています。赤ちゃんは母音を作るようになり、その後喉頭の声が出ます。子供が "a"、 "o"、 "y"、 "e"、 "u"、s "を明瞭に発音した後、彼は" aga-ha "、" guu "、" agugu "等々。この行動は彼に大きな喜びを与えます。なぜなら、彼は唇、喉、舌で「遊ぶ」ためです。

子供は何時に歩き始めるのですか?

最初のスピーチスキルの誕生時までに、子供はすでに外界に適応することを学び、他人を認識し、コミュニケーションの際に笑顔で答えます。子供は注意を払う必要があり、話すだけでなく、世話をするだけではありません。子供は彼が作る音に大人の積極的な反応を必要とする、その後散歩がより頻繁に繰り返されます。あなたは赤ちゃんと実際の会話を手配し、音を誇張して唇の設定に焦点を合わせ、舌を突き出すことができます。子供は注意深く大人を観察し、すぐにその発音をコピーする。小児科医および細い専門の専門家は、発語の始まりを担う成熟している脳成熟の機能が成熟する規制期間を確立した。したがって、子供の呼吸は、赤ちゃんが自信を持って頭を抱いている、笑顔の2〜3ヶ月の時に現れます。スピーチの形成におけるこの重要な段階は、5〜7ヶ月間続きます。

子供が歩くように教えるには?

保護者が問題を解決するのに役立つ手順は次のとおりです。

  • 感情的で頻繁な子どもとのコミュニケーション。
  • 運動技能(大小両方)の発達:子供が形や質感に様々な物体に触れるようにする。赤ちゃんの安全を怖がってはいけません。ちょうどそこにいて、その行動を監視してください。
  • 詩、本、冗談を読んで、いくつかの "乳棒"を学び、子供に歌います。
  • 40カラス、ラシュシュキ、指の試合など、鎮静が必要なゲームをプレイする。
  • 正しく話す、言葉を歪ませない、子供と一緒に喋らないでください。

なぜ子供は歩かないのですか?

上記の一時的な規範を学んだ両親は、それぞれの子どもが個別に、独自に開発し、開発の基準策定の遅れや進歩は絶対に正常です。間違いなく、子供がまったく歩くことができない、または歩くために突然停止した、または生後7ヶ月後に歩き始める状況に、追加の負担要因がない場合。言い換えれば、あなたの赤ちゃんが健康で陽気で、体重が良い、環境に反応するが、たくさん歩くことができない - 子供は大丈夫です。これは個人的な規範であり、全体的な発達には影響しません。発語発達における重大な違反を特定するために、耳鼻咽喉科医の幼児の計画的かつ義務的な検査が計画されている。医師は、聴覚または発声装置の違反の客観的理由を確認し、問題のある親の質問に答えて、子供が歩行しない理由を知ることができます。

子供の散歩

なぜ子供は歩き止めたのですか?

客観的な理由がなく、赤ちゃんが歩行を停止した場合、彼に連絡を促す必要があります。親は(最初の場所では、母親)、動物が発表する音を発音し、静かで歩いていなくても感情的な会話で子どもを積極的に支援します。

統合的な開発アプローチは、どの子供にとっても重要です。したがって、発言の形成のためには、幼児が成長している身体発達および情緒環境が重要である。彼がいっぱいで幸せなら、活発な散歩を始めるにはちょっとだけ助けてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 5 = 4